当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

投資信託の基本を知る

投資信託の目的

投資信託とは、沢山の投資家たちから小額ずつのお金を集めて、分散投資をしたり単価が高くて買いにくい資産を購入して運営し、配当などのインカムゲインや売却益などのキャピタルゲインを得る投資です。

  • 配当・利子収入・家賃収入などのインカムゲインを得る
  • 株・債券・不動産物件などの売却益を得る

スポンサーリンク

小額で買える投資信託

株ですら最低投資額の一単位が高くて購入し辛いものも多く存在します。
ましてや、不動産投資などはよほど資産家で無い限り「高嶺の花」です。
ですので、小額から始められる投資信託は、非常に買いやすい投資先です。


投資信託で分散投資

分散投資も容易に行えるのも投資信託の有利な点です。
株でも債券でも、ある程度の資金量が無ければ効果的な分散投資は難しいものですが、投資信託は多数の投資家から小額づつ大量の資金を集めるので、分散投資が容易になります。
(分散投資をすると損失のリスクを軽減できます)


投資でお金を増やすのであれば直接投資もよいのですが、投資信託などで手間を掛けずにリスクを軽減しながら投資する方法もお勧めです。
当サイトの情報が、投資をされる方の一助になりましたら幸いです。


スポンサーリンク


このカテゴリの記事