当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

REITと不動産の直接投資比較

REITは不動産へ投資する「不動産の投資信託」です。
利回りがよく、換金性に優れ、小額でも買えるのが特徴です。
そこで、REITと不動産の直接投資を比較してみたいと思います。

比較項目 REIT 不動産の直接投資
対象 マンション・事務所・モールなど マンションなど
必要な資金 十万〜数十万 数千万円〜数億円
分散投資 分散投資が容易
(REITの分散もできる)
分散投資には多額の費用が必要
換金性 高い 低いものもある
(換金に手間がかかる)
物件の管理 しない 自分でするか管理会社に委託
物件の選定 できない できる
家賃収入 なし
(家賃収入を配当として分配する)
賃貸物件として貸し出せばある
売却益 なし
(売却益を配当として分配する)
あり
分配金 あり なし
古漬け投資 できる できる
法人税
(法人の場合)
収益の80%以上分配すれば
法人税がかからない
通常の法人税がかかる
固定資産税 かからない かかる
(借主がいれば賃貸料に上乗せ出来る)
管理維持費 なし あり
(借主がいれば賃貸料に上乗せ出来る)
評価益の有無 あり あり
評価損の有無 あり あり

こうして比較しますと、REITの方がコストと手間がかかっていないことが分かります。
ただし、物件の選定ができませんので、その点だけは要注意かもしれません。

そのため、REITに投資するのであれば、物件選びや物件購入や維持管理などに時間をかける代わりに、REITの選定には時間を掛けた方がよいと思われます。


スポンサーリンク


このカテゴリの記事