当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

投信の投資期間と投資の効果

投資信託で長期間積み立て投資することで、リスクを抑えることができます。
また、投資期間が延びれば延びるほど「年間の損益の幅」が狭まりますので、安定した利回りを確保し易くなります。

販売手数料や信託報酬の安い投資信託で息の長い運用を心がけると、それだけでもリスクの大きさがかなり異なってきます。

スポンサーリンク

販売手数料や信託報酬の観点から見ると、インデックス投信やETFなどは便利です。

また、投資期間にプラスして、「債券+株+REIT」「海外債券+国内株+海外REIT」など、多種類の分野に分散投資すれば、利回りは低下してしまいますが更にリスクを低下させることが出来ます。



スポンサーリンク


このカテゴリの記事