当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

年金保険の基本を知る

年金保険とは、『 年金のような保険 』 です。
ただし、年金とは様々な点が異なっています。

年金保険には『 利点 』 も多いので、お金に余裕のある方は年金保険をお考えになってみてもよいかもしれません。

スポンサーリンク

年金保険の特徴

保険料の払い込みは一時払い

通常、年金保険の保険料は『 一時払い 』 です。
一時払いというのは、全ての期間の保険料を一度に払ってしまう支払方法です。

ですので、ズルズルダラダラと長く払い続けるものではありません。


年金のように受け取りが出来る

終身年金や確定年金など、年金のように受け取りが出来ます。


【終身年金】
一生受け取れる年金。
生きている間中年金を受け取れるので、長生きすればするほど得になる。

ただし、長生きする人が多い場合は積立金が不足するため、受取金額が引き下げられてしまうか、掛け金が増大する。

そのようなわけで、高齢者が長生きできやすい日本では、終身年金タイプの受取額は低く設定されている。


【確定年金】
受け取れる額が決まっている年金。
受け取れる残金が無くなった場合、まだ存命であっても年金が受け取れなくなる。

生活費を年金に依存している場合、これだと行き詰まってしまうので、確定年金はあくまでも上乗せ用とした方が無難。


特別勘定と一般勘定での運営を選択できる

特別勘定で運営するか、一般勘定で運営するかを選べます。


【特別勘定】
運用の成果に応じて年金額が変わる年金保険。
運用の成果がダメすぎる場合、受け取れる金額が大きく目減りしてしまうので注意が必要。

【一般勘定】
一定の予定利率(利回りみたいなもの)を保証している年金保険。
保証しているとは言え、実は 『 一定期間毎に利率の見直し 』 がされるものもある。

最初は利回りが高くても、一定期間後には思った以上に利率が低くなってしまうこともあるので要注意。


死亡保障付き

年金保険運用中に加入した人が死亡した場合などに、払った保険料か積み立て金のいずれか大きい方をご家族が受け取れるというもの。
(定額年金保険は、積立金か解約払戻金)


スポンサーリンク