当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

投資信託を買う時期と資金量

長期で運用するタイプの投資信託を購入する場合、家を購入したり子供の学費がかかったり親の介護費用がかかりそうな場合には、購入を控えることが大切です。
(換金性が高くリスクの低い投資や預貯金が向いています)

また、初めて投資信託を買う場合には(投資を行う場合も同様に)、小額でお試し買いから初めるのが無難であると思います。

さらに、景気の動きや金利の動きに目を向けながら投資信託を選び、投資に不適格な時期には投資を控える方が賢明であると思います。

ちなみに、リスクを取りたくない(取りにくい)「使用目的のハッキリしている資金」の場合、定期預金や満期までの期間の短い個人向け国債や、満期までの期間の短い為替リスクの無い債券などの安全な運用が適していると思います。


スポンサーリンク


このカテゴリの記事