当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

外国債券型投信の為替ヘッジと利益

外国の債券は、日本国内の債券よりも利回りが高いです。
その為、外債を購入した方が利回り的には有利です。

しかし、外債には為替差損が発生する可能性があります。
その為替差損を発生させなくするためのものが、「為替ヘッジ」と呼ばれるものです。

為替ヘッジを行うと、円高になった時には有利です。
何せ、為替差損が発生しないのですから。
でも、利回りは驚くほど低くなります。

債券を購入する国の経済が好調で今後も高い利回りが期待できる場合、円安が続く可能性が高めですが、今後は経済が低迷して利回りが低下する場合は円高に振れる可能性がありますので、為替ヘッジをかけておいた方が無難になる可能性があります。

ところで、為替ヘッジをかけた為にあまりにも利回りが低下してしまうと、国債を買っておいた方が無難だったと思われるほど利回りが低下してしまうもの(ひどい時にはリターンがマイナス)がありますので、投信購入前に為替ヘッジありの外債投信の利回りをチェックした方が無難であると思います。


スポンサーリンク


このカテゴリの記事