当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

債券の古漬け活用法

債券を長期間保有していると、様々なメリットがあります。
ですのでこのページでは、長期間債券投資する「債券の古漬け投資法」でどのようなメリットがあるのかについて考えてみたいと思います。


@ 満期まで保有しておいて利息を受け取る

額面価格で債券を購入して満期まで保有していると、「額面価格のお金」+「満期までの利息」を受け取れます。
(もちろん、途中換金して利ざや稼ぎをして、利息も受け取るのもありかと思います)

ですので、満期まで保有しておくと利息分の利益を受けることが出来ます。
(割引債の場合は購入時点で利息分が割り引かれた形で販売されますので、満期になると元金+利息を受け取れます)
この場合、短期債よりも利率の高い長期債に投資する方が稼ぐチャンスが高まります。


リスクを軽減する

債券の種類や満期までの期間を分散して債券投資を行うことで、債券投資のリスクをかなり減らすことが出来ます。

これがめんどくさいという方は、信託報酬と販売手数料と信託財産留保額はかかってしまいますが、「債券型の投資」でもよいかもしれません。

ただし、利率が思いっきり低くて信託報酬もままならないと思われる債券へ投資する投資信託や、外債の投資で為替差損が洒落にならないぐらい膨らみそうな場合は、注意した方が無難かもしれません。

スポンサーリンク

A 金利の下落による債券価格の上昇で利ざやを稼ぐ

金利が下落していく局面で、債券を購入して債券価格の上昇で利ざやを稼ぐことも可能です。(もちろん、途中換金して利ざや稼ぎをして、利息も受け取るのもありかと思います)


リスクを軽減する

債券の種類や満期までの期間を分散して債券投資を行うことで、債券投資のリスクをかなり減らすことが出来ます。

債券価格の上昇で利ざやを稼ぐのがめんどくさいという方は、信託報酬と販売手数料と信託財産留保額はかかってしまいますが、「債券型の投資」でもよいかもしれません。
ただし、外債の投資で為替差損が洒落にならないぐらい膨らみそうな場合は、注意した方が無難かもしれません。


スポンサーリンク