当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

外貨建て投資のメリットとデメリット

外貨建て投資には、メリットとデメリットが存在します。
外貨建て投資のメリットとデメリットと自国の通貨や経済の状態をよく考えた上で、メリットを取るかデメリットを避けるのかを検証すると、よりリスクを減らせるようになるかと思います。

また、外貨建て投資のリスクを減らす方法もありますので、外貨建て投資を行う際にはそういった方法を取ることでリスクの軽減を図ることができるかと思います。

そのようなわけで、より安全にリスクを減らして外貨建て投資を行いたい方は、外貨建て投資のリスクを減らす方法を実践されるのも一つの方法かと思います。

スポンサーリンク

外貨建て投資のメリット

@ 円の信用力が低下して、大幅な円安になった時のリスクヘッジになる。
A 投資先が、日本だけでなく海外にも広げることが出来る。
B 為替の収益による収益を得ることが出来る。(為替差益)


外貨建て投資のデメリット

@ 為替の動きによる損失を受ける可能性がある。
A 外貨建て投資した国の信用が低下して、通貨の価値が下落する可能性がある。


外貨建て投資のリスクを減らす方法

@ 格付け情報などを利用して、その国の通貨が安全かどうかを確認する。
A 複数の国の通貨で投資する。
B 複数の国の通貨で運用している投資信託に投資する。
C 長期的な視点に立ち、外貨建て投資を行う。


スポンサーリンク