当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

投資と預金と口座

投資は普通、預金口座からお金を引き落として行うものです。
ですので、株式投資を行うのであれば、銀行から証券会社の口座にお金を振り込まなければなりませんし、外貨で投資を行うのであれば、外貨投資用の銀行などにお金を振り込まなければなりません。

また、投資の利益で車やリフォーム費用を捻出しなければならない場合は、投資用の口座からお金を引き落として通常の預金口座にお金を振り込まなければならないです。

スポンサーリンク

これは一見簡単そうで、ちょこまかと運用先を操作しようと思う場合や、投資資金(投資先)を移動・変更する場合には、案外と面倒です。

ですので、できれば通常の預金口座と投資先の口座が同一のもの(同一に近い)ものであったり、投資資金の移動や振込みや引き落としが極めて簡単なものの方が便利だったりします。

私は、ソニー銀行を利用し始めて数ヶ月が経ちますが、ソニー銀行はこういった点で大変優れた銀行であるように思います。
(現在は、外貨預金(定期預金・普通預金)・投資信託・積み立て投資・円預金(定期預金・普通預金)などが利用できるわけですが、今後は、長期保有用の株式投資もできるようになるらしいです。※2006年現在の状態)

また、カブドットコム証券も、三菱UFJFGのグループ企業の利点を生かしているように思います。
(でも、カブドットコム証券の場合は普通預金口座とは別口座への資金移動という形になりますので、やっぱりソニー銀行よりは面倒ですが…)

こうやって考えると、投資や投資の資金移動に積極的になればなるほど、利便性が大切になるように思います。
ソニー銀行は、今はまだ先駆け的な存在ですが、今後、こういった証券会社や銀行が増えてくれば便利になって行くのではないかと思います。


スポンサーリンク