当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

投資別傾向 一覧表

各運用方法の傾向について書き出してみました。
一般的な傾向については以下の通りです。
(↓の分類は、あくまでも一般的な事柄です)


  • 債券と預貯金は、リスクは低いがリターンも低い
  • 海外への投資は為替損益が生じる
  • 債券は、株やREITと比較するとインフレヘッジにはなりにくい
  • エマージング諸国への投資は、リスクが高い
  • 景気の悪くなって行く時は、債券投資の方が向いている
  • 景気が良くなって行く時は、株やREITの方が向いている

運用方法 リスク リターン 景気と
値上がり
インフレ
ヘッジ
デフレ
ヘッジ
円の
ヘッジ
預貯金 --- × ×
国内債券 景気が悪い時
×
景気が良い時
× ×
J−REIT 景気が良い時
× ×
物価連動型
国債
--- × ×
外債 景気が悪い時
外国株 景気が良い時
×
海外REIT 景気が良い時
×
外債
(エマージング)
景気が良い時
× ×
外国株
(エマージング)
景気が良い時
×
海外REIT
(エマージング)
景気が良い時
×
物価連動型
国債
(海外の債券)
--- ×

スポンサーリンク